五月人形っていつまでにしまえばいいの?端午の節句を正しく理解しよう

生活の知恵

五月人形っていつしまえばいいの?

早くしまわないと子供に災いが?

こんな悩みを解決します。

男の子のいるご家庭で、端午の節句に飾る五月人形。

押入れから引っ張り出して、綺麗に飾ったのでしばらくは出しておきたいけど、雛人形のように「出しっぱなしにしていると婚期が遅れる」などの言い伝えがあったら嫌ですよね。

意外と知られていない端午の節句をおさらいして、五月人形を飾る時期を確認しましょう。

端午の節句とは?

端午の節句は、菖蒲の節句とも呼ばれ、男の子の健やかな成長を祈願するものです。

兜や五月人形、鯉のぼりなどを飾り、柏餅を食べたり、菖蒲湯に浸かって無病息災を祈ります。

五月人形って、兜とか鎧とか格好いいよね!

桃太郎や金太郎もあるのね

五月人形はいつ飾るのか

実は、五月人形を飾る時期については、特に決まりがありません。

一般的には、春分の日(お彼岸)頃から4月の中旬に飾ることが多いようですが、中には、ひな祭りが終わったらすぐに飾るご家庭もあり、地域やご家庭で様々です。

五月人形はいつしまう?その目安は?

実は、片付ける時期についても特に決まりはありません。

雛人形の場合は、片付けるのが遅くなると婚期が遅れると言われますが、五月人形に関しては、そのような言い伝えもないので、いつまで飾っていてもOKです。

ただし、注意しなければならないのが、人形の大敵である「湿気」です。

湿気が多いと大切な人形がカビてしまうこともあるので、梅雨が始まる前までの日で、天気が良くて乾燥している日を狙って片付けましょう。

五月人形をしまう際の注意点は?

五月人形は、次の点に注意してしまいましょう。

風通しの良いところ

人形の大敵である「湿気」から大切な五月人形を守ってあげる必要があります。また、「害虫」の被害からも守ってあげる必要があります。

人形専用の乾燥剤や防虫剤もあるので、一緒に入れてあげるのが良いですね。

寒暖差が少ないところ

寒暖差が大きいと結露が生じやすく、カビやサビにつながってしまうので、注意が必要です。

直射日光があたらないところ

直射日光に当たると、人形が色あせたり、変色する可能性があるため、注意が必要です。

五月人形を飾る時期のまとめ

五月人形を飾る時期について調べてみると、特に決まりはありませんでした。

我が家では、5月1日になったら五月人形を出して、ゴールデンウィークが終わる時に片付けています。

地域やご家庭によって伝統や風習なんかがあったりするかもしれないので、親や近所の方々に確認してみるもいいかもしれません。

ちなみに、うちの実家では、すでに独立している僕と弟の五月人形を今でも飾っています。

一方で、マンション住まいのご家庭も増え、収納スペースや飾る場所の問題から、五月人形を飾らないという方もいるようです。

ちょっと寂しいような気もしますね。

お祝いの仕方は、人それぞれかもしれませんが、5月5日には、家族みんなで男の子の健やかな成長を祈願して、楽しくお祝いをしてあげたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました