世の中のパパに言いたい一言二言

どうもカズーぽんです。

世の中のパパさん

今日も子育てしてますか。

「仕事が忙しくてさー」

とか、

「仕事だから育児はほとんどできないけど、しょうがないじゃん」

とか、

「俺がいないと仕事が進まないんだよねー」

とか、

「俺の方が稼いでるから、その分妻が子育てすればいいんだよ」

なんて言って、仕事で大変な思いをしているんだから、子育てはママが頑張ってよ!

なんて思っていませんか?

朝から晩まで働いてる俺の方が大変なんだよ!

なんて思っていませんか?

はっきり、言います

「子育てより仕事をしている方が楽です」

私も昔は、何かと仕事や仕事の付き合いを理由に、子育てを妻に任せていました。

学生時代を含めて8年ぐらいひとり暮らしをしていましたし、料理も含め家事は一通りできます。

もちろん、子どものことは大好きです。

でも、目一杯仕事をして家に帰ってから、昼間干していた洗濯物(子どもが2人いると異常に洗濯物が多い)を畳んでしまって、子どもと一緒にバタバタとお風呂に入って、寝かしつけて、、、なんてことをするのってすごい大変なんですよね。

こっちは大変な仕事で疲れてるんだから、少しくらい休ませてよー

って思っちゃいますよね。

でも、

あなたは、1時間もあるお昼休みの時間に上司や部下や同僚と楽しくランチをしているかもしれませんが、子育てを一人でしているママにゆっくりランチをしている時間なんてありますか?

あなたは、自分でやるのがめんどくさい雑務を部下にお願いできるかもしれませんが、子育てを一人でしているママがやっている家の掃除や洗濯、オツムの交換や寝かしつけなんかを他の方にお願いできますか?

あなたの仕事は、売上や周りからの評価、お給料など目に見えた成果や達成感があるかもしれませんが、子育てを一人で頑張っているママの成果は何ですか?誰かが評価してあげてますか?

あなたは毎日夜遅くまで残業しているのかもしれませんが、子育てには(特に2歳ぐらいまでかな?)昼も夜も関係ありませんよね?

あなたの仕事には目の前にゴール(〆切りやイベント当日)があるかもしれませんが、子育てのゴールはどこですか?

もう一度いいますが、

「子育てより仕事をしている方が楽です」

数カ月育児休業をとって、子育てとまともに向き合った私はそう思っています。(子どもはまだ3歳と1歳なので、これからさらにいろいろな困難が待ち構えていると思っています。)

復職した今では、料理以外の家事や保育園への送迎、病院についても、基本的には私がすべて担当しています。(料理は嫁の趣味で特技なので私はほとんど踏み込めず)

男性が育児休業を取るのって、社会的にはまだまだ一般的な話ではないと思います。

育児休業取った瞬間、けっこうアウトロー的なキャラ設定になりますよね。

そのため、育児休業を取るのは、結局の女性が多いわけで、これは母乳とかの関係ももちろんあるんでしょうけど、だからといって、子育て全般をママに任せきりにしていいんですか?

その延長で、保育園に子どもを預けるようになり、ママが職場復帰してなお、子育てをママに任せてばっかりいませんか?

子どもができたら、パパも変わる努力をしなければなりません。

子育ては聖域ではありませんから、子育てを盾に、何でもかんでも自分の都合に合わせて仕事を調整することは難しいことは私も身を持ってわかっています。

(かつて私は仕事と家庭の両立がうまくできないことが原因で不眠症になりました)

でも、「仕事」を理由に「子育て」から逃げないでください。

ママばかりが保育園の送迎のために短時間勤務すればいいのでしょうか。

子どもが熱を出して保育園から呼び出しがあった時に迎えに行くのはママだけの役目なのでしょう。

ママだけが平日の保護者参観に参加していればいいのでしょうか。

世の中「イクメン」などという言葉がありますが、親なんだから、パパとママで子育てするのなんて当たり前のはずです。

パパさん、まずは世の中の多くのママたちの苦労を知ってください。体験してください。

仕事が大変だからと子育てをママに任せきりになっているパパさん。

子育てって大変ですよ。

子どものためなら、組織の中でアウトローキャラになってもいいじゃないですか。

あなたは組織のために生きているんですか?

私なら、上司に媚へつらうより、部下から尊敬されたいと思うより、家族に愛されるためにはどうすればいいかを必死で考えて、そのための努力を全力でします。

子育てしてても目に見えた成果なんてわからないかもしれません。

子育ては全く予測がつきませんし、全く予定どおりに進みません。

それでも、私にもとっては家族が他により大切なので

仕事しかしていない世の中のパパさん

自分がだいぶ楽をしていることに早く気がついてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました