パパでも作れるかんたん料理【納豆編(その2)】

どうも、カズーぽんです。

世の中のパパさん、今日も料理してますか?

子どもから

「えーっ、今日もパパは乾杯なのー?」

って、言われてませんか?

このかんたん料理シリーズでご紹介している料理は、正直誰にでも作れるような超かんたんな料理です。

世の中には、子育てに参加してやってる感満載のパパさんがたくさんいます。

本当に悲しいことだと思いますが、私自身もかつてはそんなパパの一人でした。

仕事が忙しく、平日はほとんど子どもに会えないような日々を送っていて、仕事があるんだから子育てなんかに参加できない、子育てなんてママに任せておけばいいと思っていました。

今となれば、本当にバカだったなーと思いますが、たぶん、今もそんな風に思ってるパパさんってたくさんいるのではないでしょうか。

私はそんなパパさんが料理をするきっかけにしてほしいと思い、本当に簡単な料理を中心に紹介しています。

ぜひ、キッチンに立って、何かしてみることから始めてほしいと思います。

今回も前回に引き続き、納豆を使った料理を紹介したいと思います。

納豆入りオムレツ

【用意するもの】
納豆
とろけるチーズ
たまご

卵料理って子どもは大好きですよね。

うちの子どもたちは納豆も大好きなので、これは、土日などのお休みの日の朝ご飯として、我が家では超定番の料理です。

ちなみに、作り方が2種類あります。

1つは、たまご、納豆、チーズを予め全部混ぜてから焼く方法です。

こうすると、納豆のネバネバ効果なのか、卵がふっくらと焼きあがります。

ただ、表面に出ている納豆の粒が焦げやすいので、フライパンの上で上手くかき混ぜながら焼いてみてください。

味付けは納豆のタレだけで大丈夫です。

もうひとつは、オムライスのように納豆とチーズを卵で包む焼く方法です。

こうすると、納豆自体はほぼそのままの状態で、トロッととろけたチーズと意外によく合うんです。

こちらの焼き方にする場合は、納豆のタレを半分くらいにしておくと、ちょうどいい味に仕上がります。

どちらも基本的にただのオムレツなので、誰でも作れると思います。

ただ、プレーンオムレツではなく、納豆が入ってるというだけで、子どもの喜びようって全然違いますからね。

大人にとってはただの具入りのオムレツかもしれませんが、子どもにとっては、納豆が入っているというだけでごちそうなんですよね。

子どもって、本当に可愛いですよね。

さあ、世の中のパパさん

明日からは10連休ですよ!(私を含め、そうでない人はお仕事も頑張りましょう)

子どものとびきりの笑顔を見るために、明日の朝は納豆を混ぜて、卵をまぜて、最高のオムレツを作ってあげましょう!

(追記)

同じく納豆料理として、納豆の入った味噌汁もとっても美味しいので、納豆好きの方はぜひやってみてください。

ちなみに、納豆以外の具材として、同じネバネバの同志、なめことオクラを入れると、とっても美味しいですよ!

それにしても、毎回ブログを書きながら思うことは、今度こそちゃんと写真撮ってアップしようかな。ということですね・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました