【9月入学】学年や誕生日の区切りはどうなるの?入学式や卒業式は?

生活の知恵

新型コロナウイルスの感染拡大による休校が長期化する中、政府が9月入学・始業の検討を急いでいます。

安倍首相は「前広に様々な選択肢を検討したい」と表明していて、6月上旬にも導入の可否について方向性を示す予定のようです。

9月入学になったら、子供にどのような影響があるのでしょうか?

今回は、9月入学になった場合の学年や学期の分け方、誕生日の区切りはどうなるのかをまとめてみました。

9月入学とは?

現在は保育園、幼稚園、小中高学校、大学は、全て4月に入園・入学していますが、その入園・入学を9月に以降するということです。

現在の日本の仕組み
4月2日〜翌年4月1日生まれは同じ学年
9月入学制が導入された場合
9月2日〜翌年9月1日生まれは同じ学年

現在アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、ロシアなどの諸外国は基本的に9月入学です。

日本でも明治時代には、西洋の文化に倣って、9月入学になった時期がありました。

しかし、1886年に4月から3月までを一区切りとする「会計年度」が導入され、学校の新学期が始まるタイミングもこの会計年度に合わせたため、4月入学となりました。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、休校がいつまで続くか分からず、休校している学校は1年間の学習課程をこなせない懸念があります。

入学時期が9月にずれれば、通常と同じ学習時間を確保することができるという点から、9月入学制案が一気に浮上したのです。

要は、学力の低下や学びの停滞を解消しようってことですね。

この案はあくまでも、9月頃にはコロナがほぼほぼ終息していることが前提となっていますが、実際は、その頃にどうなっているかは分かりませんけどね。

学年の区切りはどう変わるのか?

結局のところ、

現在4歳(今年5歳になる)の我が子は、いつ小学校に入学するのか。

パパとしては非常に気になるところ!!

本来であれば、2020年4月の入学対象者は次のとおり

2014年4日2日~2015年4月1日生まれ

これが、9月入学の年度に合わせて誕生日の区切りも変わることになれば、誕生日の区切りは9月1日~翌年8月31日の間に生まれた子供になります。

しかし、本来2021年の4月に入学予定だった子供たちも含む必要があるので、2021年に限っては、

2014年4月2日~2015年8月31日生まれ

となるのでしょうか?

ということは、我が子は2015年の5月生まれなので、

再来年の4月に入学予定だったところ、来年に繰り上がってしまいます!!

小学校入学時の子供たちの発育の差は大きく、もしも2014年4月生まれの子と、2015年8月生まれの子が一緒の学年になるとしたら、学習能力、身体能力ともに大きな差が出てしまうのではないでしょうか。

これってどうなんでしょうね?

新たないじめと問題とかに発展しなきゃいいですが。

学期の区切りはどう変わるのか?

学期の区切りはどうなるのでしょうか?

9月1日から新学期が始まるとなれば、当然1学期は9月に始まることになるでしょう。

入学・始業時期が移動しただけで、3学期制を変更するような話は今のところなさそうなので、3学期制をそのまま引き継げば、次のようなイメージでしょうか。

1学期 9月1日頃~12月末
冬休み
2学期 1月上旬~3月下旬
春休み
3学期 4月上旬~7月下旬
夏休み

長い夏休みが明けた後に、新年度が始まるというのは、メリハリがあっていいかもしれません。

ただ、真夏の暑い時期に入学式や卒業式をやるとなると、熱中症などに注意が必要になりそうですね。

また、これまでの入学式、卒業式のイメージといえば「桜」でしたが、これが8月あたりになるとイメージは何でしょうか。

「セミ」ですかね。

セミをイメージした卒業ソング・・・。

慣れるまでに時間がかかりそうですね!

まとめ

9月入学に変更するとなると、教育の分野以外にも経済やグローバルな視点からも様々な検討が必要になりそうですね。

この制度変更については、すでに賛否両論議論が盛り上がり始めています。

私自身も小さな子供がいる身として、今後どうなるのかとても気になります。

また、当事者である学生にとっても気になるところでしょうね。

あまり時間がない中で、どこまで検討がなされるのかわかりませんが、メリットとデメリットを洗い出し、誰しもが最良だという結論を出してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました