子供の叱り方で絶対にやってはいけない5つのこととは?

パパ実践

・イヤイヤ期の子供に毎日怒ってるけど子供のストレスが心配

反抗期の子供にカッとなって厳しく言いすぎちゃうけど、叱り方が正しいのか不安

このように子供の叱り方について悩んでいる方は必見です。

言うことを聞いてくれない子供にイライラして、つい厳しく叱ってしまうことがあります。

子供が危ない目に遭わないように、周りの人に迷惑をかけないように、親として子供を叱ることは当然です。

ただし、叱り方によっては子供を傷つけてしまい、場合によっては、心に一生消えない傷を負わせてしまうかもしれません。

現在、5歳と姉と2歳の弟を育てている僕が絶対にやらないように気をつけている叱り方5つをご紹介します。

叱り方を気をつけているおかげもあり、5歳の姉は、明るくて相手のことを気遣える優しい子供に育ってくれています。

2児のパパである僕が実際に意識してやらないようにしている叱り方なので、誰でもすぐに実践できますよ!

子育てのストレスに悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてください。

絶対にやってはいけない叱り方5選

自分の都合で叱らない

仕事と子育ての毎日に疲れてしまうこともあります。

ただ、「疲れ」や「忙しさ」など、自分の都合で子供を叱らないようにしましょう。子供は、パパやママが大好きだからこそ、相手にしてほしいわけです。

自分の都合で怒ってしまうのは、子供を叱っているのではなく、ただの「八つ当たり」です。

感情的に叱らない

感情的になると、言う必要のないことまで言ってしまったり、必要以上に厳しく当たってしまい、子供が傷ついてしまう可能性があります。

また、後で振り返った時に「あの時は言いすぎてしまった」とパパやママ自身が後悔することになります。

親が情緒不安定だと、子供も情緒不安定になってしまいます。

実際に、パパやママの機嫌が悪い日は、子供たちはその空気を敏感に感じ取り、一緒になって、いつも以上にワガママだったり、意地悪だったりするので、叱る際には、深呼吸などして気持ちを落ち着けましょう。

誰かと比べて叱らない

誰かと比べて叱ることは、ついやってしまいがちです。

「◯◯ちゃんはそんなことしないよ」、「◯◯くんは上手できるのに」「お姉ちゃんなんだからしっかりして」「お兄ちゃんはできてたのに」などと、保育園のお友達や兄弟で比較してしまうことはありませんか?

ライバル心を持たせて、子供の成長を促す!なんていうのは、プロアスリートの世界や漫画の世界です。

誰かと比較して叱っていると、ひがみやすい子になってしまうだけでなく、比較されているお友達や兄弟のことを嫌いになってしまうこともあります。

「あんなやつさえいなければ!!」なんてセリフ、まさに漫画やテレビの世界ですよね。

パパとママが一緒になって叱らない

子供を叱る際には、「アメ」と「ムチ」が必要です。

パパとママが一緒になって叱ってしまうと、子供の逃げ場がなくなってしまいます。

あくまでも子供のためにやっていることなので、叱られた子供をフォローする役回りの人が絶対に必要です。

叱る方の役回りは損した気分になりますが、子供のためを思って、時にはハズレくじを自ら引きましょう。

体罰は絶対にダメ

令和元年6月に児童福祉法等改正法がが成立し、親権者等は、子供のしつけに際して体罰を与えてはならないことが法定化され、令和2年4月から施行されています。

体罰は、親が叱っている意図が子供に対して伝わりにくいだけでなく、最悪の場合、子供の心に深い傷を残してしまいます。

また、体罰を受ける恐怖から嘘や隠し事をするような子に育ってしまうことや、友達などの周りにも乱暴になってしまうことが考えられます。

ついカッとなって、手を出してしまいたくなることがあっても、絶対に体罰はやめましょう。

子供を優しく見守る親でありたい

子供に対して絶対にやってはいけない叱り方の確認です。

✔︎自分の都合で叱らない
✔︎感情的に叱らない
✔︎誰かと比較して叱らない
✔︎パパとママが一緒になって叱らない
✔︎体罰は絶対にダメ

仕事や子育てに毎日忙しく、疲労が溜まってくると、つい子供に対して厳しく接してしまいがちです。

良い子に育ってほしいと願うのは、パパママ共通の願い。

でも、焦る必要なんてありません。

子供が成長するのと同じで、パパやママも少しずつ成長していけばいいんです。

どうしても子供に対して怒らなければならない時は、焦らず、落ち着いて、まずは深呼吸。

そこから始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました